サクラヤマニア-HOME

幕末から明治にかけて活躍した山川浩。
彼とその周辺の人物、関連するあれやこれやについて調べたものの個人的メモ。

山川浩 略歴

  弘化2年(1845) 11月6日 会津若松本二之丁にて生まれる。初名 与七郎。諱 重栄 
  安政7年(1860) 父・山川尚江重固 死去により家督相続(無役)
  文久2年(1862) 6月16日 物頭被仰付 薪番組々頭・御籏奉行 先輩次第 (山川常盤 千石)
  文久3年(1863) 藩主松平容保 京都守護職として在京中 上京の命あり
  慶応元年(1865) 6~7月頃 御奏者番被仰付
  慶応2年(1866) 10月 遣露使節団 小出大和守(小出秀実)の随員としてロシア・フランスへ(翌3年5月帰国)
  慶応4年(1868)  
     
  明治6年(1873)
  
  
3月17日 陸軍省八等出仕被申付
7月10日 任陸軍裁判大主理熊本鎮台在勤被申付 8月 熊本在勤被差免
12月4日 熊本鎮台在勤被申付  12月30日 任陸軍少佐兼任裁判大主理
  明治7年(1874) 4月5日  任陸軍中佐  6月14 叙正六位
  明治8年(1875) 1月24日 熊本鎮台幕僚准官参謀被差免
  明治10年(1877)
 
3月22日 征討軍団参謀被仰付  5月27日 出征別働第二旅団参謀被仰付
11月24日 旧出征別働第二旅団残務取調御用被仰付
  明治11年(1878)
  
1月30日 勲四等に叙し年金135円下賜  2月 兼任陸軍裁判所評事
12月14日 名古屋鎮台幕僚参謀長兼名古屋衛戍司令官被仰付 16日 免兼任陸軍裁判所評事
  明治12年(1879) 3月27日 名古屋衛戍司令官兼勤被免
  明治13年(1880) 4月24日 任陸軍歩兵大佐  6月8日 叙従五位
  明治15年(1882) 3月1日 名古屋鎮台参謀長被免工兵第四方面提理被仰付
  明治16年(1883) 2月5日 免本職補人員局長
  明治17年(1884)
 
2月21日 歩兵内勤書第四版取調委員被仰付 
5月7日 歩兵操典改正並平時行軍勤務書編纂の取調委員被仰付
  明治18年(1885) 4月7日 叙勲三等賜 旭日中授章  5月25日 兼補輜重局長
  明治19年(1886)
 
 
 
 
 
3月1日 補総務局制規課長
3月6日 兼任東京師範学校長  
4月29日 兼任高等師範学校長 同日 叙奏任官一等年俸千円下賜
6月17日 叙勅任官二等  10月28日 叙従四位
12月6日 小学読本巻一編纂審査委員を命ず
12月23日 任陸軍少将  
  明治20年(1887) 5月6日 師範学校職員服制取調委員長被仰付
  明治21年(1888) 12月25日 陸海軍将校分限令発布により当日より予備
  明治22年(1889) 11月25日 大日本帝国憲法発布紀念章授与
  明治23年(1890) 9月29日 貴族院令第一条四項により貴族院議員に任ず
  明治24年(1891) 8月13日 叙従三位 依願免本官
  明治31年(1898)
 
1月26日 総動功特授男爵
2月4日 午前5時死去  忠烈院殿靖誉桜山大居士

<参考>
山川浩君之傳(高木盛之輔)

文久元酉年ヨリ同二年戌迄 外様分限帳(一)
幕末会津藩往復文書
日本-明治31年2月6日号「山川少将の任官履歴」